お歳暮

人気のギフトから探す

 




 

おけいの餃子ギフト

 

予算別にギフトを探す

 




 

3000円未満



 

3000円以上〜4000円未満

 

4000円以上

 

お歳暮コラム

 




 
お歳暮コラム1

お歳暮を贈る時期いつ送ればいい?

お歳暮の時期は諸説ありますが、一般的には11月末ごろから、年の瀬で最も忙しい時期を迎える前の12月20日ごろまでに贈ることが多いようです。 正月に役立てるための品を選び、12月中旬以降に贈るといった地方などもあります。 いずれにしろお歳暮シーズンの配送は込み合いますから、早いうちに配送事情を確認し、余裕をもって手配しておけると安心です。

トップに戻る

お歳暮コラム2

お歳暮の金額の相場相手先によって変わる?

お歳暮の一般的な相場は3,000円から5,000円程度です。 相手との関係性や年齢によっても予算は変わり、特にお世話になった相手に対しては5,000円〜10,000円程度の予算でお贈りすることもあります。 ちなみに、昨年贈った品物と予算に大差があるのは基本的にタブーとされていますのでご注意が必要です。 またお歳暮はお中元同様に毎年贈り続けるものなので、あまりにも高価なものを贈ってお相手に気を遣わせてしまわないよう、無理のない範囲でのギフト選びがおすすめです。

トップに戻る

お歳暮コラム3

知っておきたいお歳暮のマナー形状はなにがいい?

お歳暮は12月上旬から、遅くても25日頃までに到着するように贈るのがマナーです。 商品にはのし紙、紅白で蝶結びの水引をつけます。 表書きはお歳暮、下部には自分の名前を記載しましょう。近年は直接渡す場合や、近い間柄だと、のしを付けなくてもよい場合もあるようです。 年内に贈れない場合は、年明け1月7日までの松の内の間に、表書きをお年賀にして贈りましょう。 贈り先の地方の慣習に合う形で贈るのがマナーです。 喪中の方へ贈るのも問題ありませんが、紅白の水引をつけるのは少しふさわしくありません。 四十九日が過ぎるのを待ってから、寒中見舞いとしてお贈りしましょう。

トップに戻る

餃子コラム

餃子って縁起がいいの?そのルーツとは

餃子発祥の地と言われる中国では、春節や結婚式などの祝いの席に作られる料理のひとつに、餃子があります。
その形や文字にかけて、金運を願う、子宝に恵まれるなどといった【願掛け】のような位置づけもとられているようです。
餃子の中に硬貨をひとつだけ入れておき、それに当たった人は福が来る、などとも言われています。
縁起がよく、気温が高い季節でも栄養豊富で食べやすい、子供から大人まで楽しめる餃子をぜひ大事な方への贈り物にしてみてはいかがでしょうか。

トップに戻る